2020年8月4日火曜日

柏戦とマリノス戦

えー、チームも我々のメンタルも、梅雨明け前の時点て早くも「踏ん張りどころ」となってしまいましたな。内容もそうです、柏にはフルボッコにされ、マリノスにはボールを支配されつつ、試合終了間際に痛恨の失点での敗戦。キツイです。メッチャきついです。

もともと、4-3-3にしたのは「チョットは攻撃的に行きたいなぁ~」がスタートのはず。瞬間的にでも中盤を減らし、攻撃的なメンツを厚めにする・・・結果としてピンチになりそうな時は「関口とか道淵らの献身的な運動量に頼る・・・」的な感じ。つまり、今年のベガルタの肝は「攻撃のスイッチが入った時の連動性」だと個人的には考えています。

はい、ボールが奪えました。前を向いて攻撃しますよ、、、の瞬間のファーストパスにズレが生じてインターセプトされたり、パスの出し手を探しているうちに囲まれて奪われたり・・・的な場面がデジャヴするんだけど、このようなことはテグ体制やナベ体制の1~2年目にも結構頻発してました。つまり、チームとしてオーガナイズされてなければならない約束事が、個々の選手間でリンクされてないんだよね。

木山体制で目指している山頂は高く、本来であれば一年目からチャレンジできる物ではありませんでした。彼がこれまで指揮していたチームよりも、ベガルタというチームが、そしてサポーターが求める目標は高く、それが達成できないと分かった時点や、情けない試合内容には容赦ない叱責が降り注ぎます。ベガルタの監督は、どんな選手構成であれ、一年目から結果を求められるのがこれまでの通例でした。J2当時の目標は昇格で、それ以外の成績が例え内容が良くなってきた4位、5位でも、チームは容赦なく監督の首を変えてきたのです。

ところが、今年は降格が無いから事象は変わってきて「だったら、どのチームもやっているように、チームの成績がある程度見えてきたら、または例え見えなくても、すべての資源を『来年に向けてのチャレンジ』に集中するべきでは・・・」という考え方が主流になりつつありますな。若手が試合に出て、チャレンジしている結果として、試合内容はイマイチ・・・・。連携の熟成や選手間のオーガナイズも、実際の試合の中で錬磨すればいい。現状は、こんな感じですかな。

柏戦の試合後、監督は
「自分たちのリズムでやっている中で、やはりふたつ目の失点は自分たちがパスのミスをして、最終的にそれでも粘って守らないと、人数をかけて前に攻撃していくということはできないので、最終的にちょっとライン際のところでボールが出たかでなかったかというところで、最後に粘りきれなくてクロスを許してしまったので、そういうところも含めてもっとタフになっていかなければいけないかな・・・」と語っています。

監督は、人数をかけて攻めたいのよ。しかし、そんな戦い方は一朝一夕じゃあ不可能。守りたいんだけど、人数をかけて攻めたい・・・。そのためのバランスって、無茶苦茶難しいんでしょうな。

2020年7月21日火曜日

勝てませんでしたな

えー、負けなくて良かったですな。試合内容といえば、「数的有利になってからの方が、ヤバイ気がするような・・・」という展開。特に、後半も中盤を過ぎたあたりからは「おかしい・・・全く、数的有利と感じない・・・」の雰囲気がビンビン物語。ビンビン物語と言えば、8月に仙台で行われる予定だったトシちゃんのコンサートが延期になり、チケットを購入していたカミさんは、先日自殺した俳優さんのこと以上に衝撃を受けておりました。

素人的な解釈として、このような展開になった要因は「チームに軸がないから・・」と考えています。つまり、ゲームが落ち着かない状況で苦しい時「あいつに、とりあえず預ければ一安心・・・」という選手が見当たらないことが、現状のチームのウイークポイントなのでしょう。

数的不利な状況で2点のビハインド、アウエーのチームからしたら、当然のように「どうせ負けてるんだから2-0でも3-0でも同じこと、だったら、裏を取られて失点するのは覚悟のうえで、重心は前・前で攻撃的に行ったれやぁーー‼」となるのは明白。そんでもって、せっかくボールを奪っても、ことごとく裏を狙ったボールをインターセプトされたら、そりゃあ、あんな展開にもなるよ。

試合後のコメントでは
ボールを持つ時間を増やして、攻撃のテンポを落として時間を稼ぐことは狙わなかったのでしょうか?の問いに監督は・・
「もちろん、(田中)渉を入れたのには、ひとつそういう意図がありました。ただしそれが思ったように、彼のところでゲームを落ち着かせるところまでは到らなかったなと。あとは、そういうことも含めて、状況判断をしてプレーをしていかなければいけないと思うのですよ。そこの甘さはやはりあったと思います」と答えています。

例えば、このメンバーに全盛期の梁や富田などの選手が居れば、絶対に試合内容は変わったはずです。簡単に裏を狙うのだけではなく、複数のオプションを常に意識しながらゲームを進めていたはずなんだけど、その任務の一端を田中に任せた辺りに監督・選手・そしてチームとしての未熟さを感じざるを得ませんな。田中は何度か、その任務を貫徹しようとドリブル・パスなどでチャレンジしましたが、結果はダメダメでした。本人も悔しいでしょうが、我々も、ここは我慢のしどころです。全盛期に行く前の関口や富田やリャンの時だって、我々は我慢したんですから。

正直、勝てなかったことはショックです。しかし、試合は待ってくれません。今のままで行くのか、ベテランも活用するのか、意見は分かれるところでしょうが、降格が無いシーズンであれば「やっぱ、若手主体で行くよねぇ~」は、しょうがないところ。しかし、その「しょうがない」を超えたところに、ベテランの意義があるのも事実。た゜からこそ、ベガルタンは何気に「ベテランが出てきた時のプレー」が楽しみでしょうがありません。
頑張って欲しいですな

明日はフロンターレ戦、ビート・川崎!!


2020年7月14日火曜日

中々厳しいですな

えー浦和戦、やっぱり「あの人」に決められちゃっいましたな。
そして横浜fc戦、「やられたぁーー!!」からの引き分け、良かったですな。

まあね、簡潔に述べるとこんな感じの試合でしょうか。まず、浦和戦のスタメンですが、湘南戦からはフルメンバーチェンジっぽい匂いがプンプンで、知り合いの浦和サポから試合前に
「なめてるのか?それとも、最初から捨て試合なのか?」みたいなメールが来たのよ。

その時のベガルタンの返信が
「えっ!?浦和に対して捨てるとか、ナメるなんてとんでもありません。ただし、実践を通して実力という名のカースト制度を構築しようとはしています。監督が代わり、システム等の戦術も変わり、選手も代わり、日程も降格制度などのルールも変わるという現実を前にすれば、この再開直後の数試合は、アイドリングと言いますか、助走期間にする必要性が仙台にはあるのです。正直、こんなに代えて大丈夫なのか?という不安はありますが、とりあえず我慢するしかありません」と言ったもの。

そんでもって試合内容は・・・これが意外と悪くない・・・。もちろん、仙台が良いのではなく「浦和がダメダメなだけ」という可能性もあるにはあるし、「実は湘南戦がサブメンで、こっちがスタメン」という可能性だってなくは無い。しかし、今年に限ってはトップ3ぐらいを目指すクラブじゃなければ、「来年に向けて・・・」が大きなテーマであることが明白なので、「目先の勝ち負け」よりは、「土台作り」に重心がかかるはず。その上でのメンバーチョイスだから、現状の仙台は「メンバーをシャッフルしながら、チームや監督の方針に沿っての取捨選択をしている、チーム作りとしては初期の段階なのでしょうな。

まあね、興梠のゴールに関しては「対浦和戦における風物詩」みたいなものだから、それが無いと物足りない感じもします。つまり、どうせとられるんだから、それ以上に取り返せ!ということです。何度か、それは決めてくれないと・・・というシーンはありましたが、結局、そういう時に取らないと、こういう結果となる・・・の典型でしたな。

横浜戦に関しては「おいおい、もうチョット、君たちは出来る子じゃないのか?」という感じの試合でした。いやね「あれが実力だから・・・」って言われればそれまでなんだけど、それにしても、という感じがするようなしないような。横浜が強いという事がなければ、それはすなわち仙台が弱いと言う事を意味します。きっと、弱いのでしょうが、だからと言ってネガティブになってもしょうがありません。どうせ降格候補のトップグループ予想のチームですからな。大事なのは、今よりも明日、今年よりも来年ですから。