2018年7月10日火曜日

ご無沙汰しております。

ご無沙汰しております。ワールドカップという名の宴も終わろうとしている今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。ベガルタンもね、最初は「オフシーズンでもないのに、一か月以上もベガルタから離れるのはシンドイよなぁ~」って思ってたのよ。しかし、いざワールドカップが始まってみると「全然しんどくない・・」っていうか、「終わってしまうのが寂しい・・」的な感じ。ワールドカップというコンテンツは偉大ですな。それと、4年前よりも心なしか盛り上がっているような気もします。 
 
さて、中断期には予定通りに新加入選手の発表がありました。それも、矢島とマイクという、ソコソコ感満タンで「やってくれそう・・・」的な選手。シーズン途中の加入で、しかもレンタルともなれば「育成の為に・・・」とは考えづらく、おそらくは「シーズン後半戦の起爆剤、即戦力でガンガン働いてくれないと困ります・・」ぐらいの考えで獲得したことは明白。ということは、鍋監督的には「前の選手を活性することでチームがさらに前進するはず・・」と思っているのでしょうな。 
 
もしも守備が「後半戦飛躍のカギ」であるのなら、マイクの加入は絶対にありません。もっとも、マイクが守備をしないと考えている訳ではなく、そこを補強したいのならファーストチョイスにマイクが選ばれるとは考えにくいからです。いろんな考えがあると思うけど「守りを強化したいから、よしっ、マイクを獲得しよう!」ってなんないでしょ?普通。 
 
矢島だって前の選手だよね、良く知らないけど。この補強だけを見ても「鍋監督は、攻撃的に行きたいんだな・・・」ぐらいは分かります。昨年よりもボールが持てるようになったことは明らかなんだけど、得失点はマイナス領域の仙台にとって、改善策は三択で・・・ 
1.チームとして徹底的に守備を強化する 
2.攻撃を強化し、守備も極力相手エリアでチャージング、トライする 
3.守備も攻撃も、どっちも平均的かつ相対的にスキルアップする 
ぐらいでしょうか。 
 
鍋監督が守備を疎かにする訳はないので、総失点数が下から数えた方が早い状況では、1を選択したくなるんだろうけど、どうやら鍋監督は前からアプローチしていく2の方に重心をかけるようです。サッカーにおける守備と攻撃はコインの裏表なので「どっちかだけ・・」ということはできませんが、この加入で想像するに「どちらかと言えば、相手エリアで勝負したいんじゃあ・・・」とは思いますな。 
 
これは楽しみな反面、当然のようにミスをしたりサボる選手がいたりすると、当然のようにベルギー戦的なカウンターを喰らうことになります。失点しないまでも、何度となくピンチは来るでしょう。負けないまでも、勝てない試合が続くことは想定できます。その時、我々サポーターの覚悟が試されます。 
 
間違いなく、昨年の後半からチームは転換点を迎えました。選手の入れ替えはその一つです。そんな時、リスクがあっても、チームがスキルアップ、レベルアップするために新たな扉を開く勇気があるチームだけに、勝利の女神は微笑みます。何故なら、何もしないのは後退しているのと同じですからな。この二人の加入を知って、ベガルタンはこんなことを考えていました。 
 
明日はアルディージャ戦、ビート・大宮!! 

2018年6月5日火曜日

湘南戦


えー、湘南戦ですが見てません。ベガサポなら、ああいった試合は年に数回は確実にあるので、その対処方法はご存じのはず。その最たる御三家こそ「忘れる、無視する、無かったことにする・・」でしょうな。

湘南戦を「見どころがまるで無かったクソ試合」と言うつもりはありませんが、すくなくても「ハイライトシーンさえ見るに堪えない試合・・・」であったことは事実です。何故そうなったのか?鍋監督は試合後・・・

「少しブレイクを挟んで、すごくいいトレーニングができていました。けが人が戻ってきて、エネルギーに満ち溢れていて、実際にそれをこのゲームにぶつけられたかというとそうではなくて、それは何だったのかというものはしっかり、私の中で整理しなければいけないと思っています。フィジカル的に問題があったのか、戦術的に問題があったのか、そういったところをしっかり私自身しっかりと整理したい」と語っています。

結局さー、分からないんだよね。チームも生き物だから、その時々のコンディション(フィジカル、メンタル)が違ってくるのはしょうがありません。これが川崎とかに0-3で完敗だったら「まー実力でしょうな・・・」で済むんだけど、湘南相手にそこまで実力差があるとは思えず、だからこそ悩むのでしょう。

似たような事例で、競馬でも大本命馬が負けた時に使われるワードが「目に見えない疲れ、メンタルの疲弊」というものがあります。我々が馬券を買うとき「過去の戦績、現在の調子、パドックでの見栄え、解説者や競馬新聞での見解」などを参考にしますが、負けた理由でレース後に「目に見えない疲れがあったのかも・・・」と言われたら、寅さんじゃなくても「それを言っちゃあぁ、お終いよ・・・」となるのは確実です。

そうである以上、考えられる理由はただ一つ、メンタル。湘南の選手の頑張り(ホームだからなおのこと)は認めるとしても、おそらく仙台の選手のメンタルは「ワールドカップの初戦に挑む選手たちのそれ」ではなく、おそらくは「油断とは違う、なんて言うか、ふわぁ~とした意気込み」にも似た意欲。この試合に臨んだ仙台の選手のメンタルは、こんな感じだったと推測してます。

それにしても、3点目は余計でした。多少はアウエーゴールをゲットすべく頑張ったのが要因だとしても、誰かは「しょうがない・・・0-2で我慢してホームでがんばろう・・」というメンタルでチームを統率してほしかった。あんな試合内容で「絶対にアウエーゴールを・・」という意欲は決して建設的ではなく、「攻めるけど、これ以上は失点しない方向で・・・」で戦ってほしかったですな。

しかし、0-3という結果は受け入れなければなりません。2ndはユアスタでやるにしても、圧倒的に不利。でもね、こういう時こそ「ひょっとしたら、やってくれるんじゃあ・・・」って思うんだよね。別に確信なみに強いものじゃなく、それこそ「なんとなく・・・」的な感じで。週末は、何となくでいいから勝って欲しいものです。

その前に、明日はザスパ戦、ビート・草津!!

2018年5月23日水曜日

鹿島戦


えー久しぶりです。普通だったら忙しい時期じゃないんだけど、なぜか今年は忙しさマックス。そんでもって、リーグ戦も過密日程マックスが重なって、とんでもない忙しさでした。それがようやく終わりになり、ベガルタンも安心してパソコンの前というわけです。

何試合もあったけど、まずはカップ戦の対横浜。とりあえずはフルに近い感じでターンオーバーだったんだけど、そのスタメンが・・・

シュミット
常田
菅井
板倉
リャン
富田
茂木
永戸

金久保
ジャーメ。確かに、ターンオーバー感がビンビン物語なんだけど、何気に横浜もターンオーバーだったので「これはこれで何とか戦えそう・・・」な印象。

印象だけだと曖昧だから、3年前のカップ戦、対清水のスタメンと比較。

(3年前の実力)
鎌田
渡部
二見
杉浦
キム・ミンテ
武井
藤村(3年前の実力)
山本
金園。

おぉーーーこうしてみると、今の方がメッチャ強そう!!何気に二見、杉浦、キムのラインが不安だったのに対し、富田、永戸、岳のトライアングルは屈強そのもの・・・とまでは言わないけど、ドラクエでいえば「旅人の服⇒クサビカタビラ」くらいの防御力アップだし、攻撃力で言えば「ヒノキの棒⇒銅の剣」くらいのはワンナップ。こうしてみると、3年前のチームって、失礼ながら「メッチャ弱そう・・・」でしたな。

茂木の3点は嬉しかったけど、大切なのはこれから。関口が加わり、金久保が復帰し、蜂や永戸や中野らが居るサイドハーフは超激戦区。そこで生き残るための方策は一つしかなく、それは結果を出し続けること・・・。西村が確実に地位を築いている今だからこそ、彼にも頑張って欲しいと心から願っています。

東京戦は見てないので、鹿島戦を少々。

前半の出来は素晴しいの一言。特に左サイドは、ほぼ制圧したといっても過言ない出来。関口の頑張りは見事だったけど、彼の最高を知っているベガルタンからすれば「褒めるのは、まだまだ先だな・・・」的な感じ。ピーク時には、今以上の攻撃力プラス、野津田並の体力で守備にも頑張っていける奴なので、その意味では90分戦えるようになり、そんでもって結果を残し続けた時こそ「どれどれ、レプユニでも買うとするかな・・・」という気になるはずです。

鹿島は仙台以上にタイトな日程とか。しかしながら、それでも今までなら勝つことは困難を極めたはず。それでいて、あんな前半のような試合内容が出来るとするなら、何気にチーム力のベクトルは正しい方向へ向かっているような気もします。こんな感覚で中断するのはもったいないような気もしますが、この力が本物であれば後半戦も大丈夫のはず。そうなってほしいですな。