2019年9月4日水曜日

ベガルタン、現状すら楽しむ

えー、残念無念の敗戦でしたが、皆様如何お過ごしでしょうか。さぞや、眠れぬ夜をお過ごしかと存じます。しかし、ベガータ教の司教ともなれば、こんな事ぐらいはノープロブレム。だって、この試合は経験則から論じられるので。ベガルタンは断言します、この鳥栖戦は「年に必ず数試合はあるという、内容も、気持ちも、戦う姿勢も、全く見ることができないダメダメな試合だった・・・」と。

年に数試合必ずあるケースが、「たまたま鳥栖戦だっただけ・・・」なので、過度の落ち込みは厳禁。たまたま、たまたまなんだから、「降格が・・・」みたいなワードを持ち込むことなどナンセンスなのよ。冷静に見渡せば、灼熱とも激熱とも言われる「残留争い」。だからあえて言わせていただくと、こんな時に必要なのは、「エンジョーーーーイ・フットボール!!」という、この大混戦すら「楽しむ姿勢」だと信じています。あなたは、楽しめてますか?ベガルタンは、えーと、えーと、キャプテン翼君の名ゼリフ「サッカーボールは友達だから・・・」を拝借すると、「胃腸に優しい薬は友達だから・・」と言った感じですかな。

何となく苦しい戦いが続いている仙台。今後はどう戦ったらいいのか?と問われても、正解を導き出すは困難を極めます。第一、そんなのが分かれば苦労しないからね。それでも、考えなければならない状況は状況。まあね、今の仙台に、そんな選択肢があるとは思えず、概ね・・・
1. ブレずに現状のメンバー、戦術を貫く
2. 戦術は変えず、メンバーを多少シャッフルする
3. 全てをシャッフル、一か八の大勝負で突撃する

現実に、代えられるメンバーが「そんなに多くはない・・」という状況は分かっているけど、結果が出てない中での「現状維持」はチョットしんどいのが実感。最近は、結果が出てないだけでなく、その内容にも不満は多い。別にね、「誰それは居らねー」という議論ではなく、どうせ結果も内容も出てないんだから、「だったらフレッシュな選手で・・・」も有りのような気がします。特に、中盤の構成は考慮の余地はアリ。どこが悪いか?なんて分からないけど、明らかに中盤でボールが奪えない、回せない、キープできない、セカンドも取れない・・・の四十苦は歴然。中盤だけの責任ではないんだろうけど、メンバーか戦略の「プチモデルチェンジ」は必須でしょうな。

たたね、全くサッカーに興味が無い周囲からすれば、現状のタイトロープ的な状況はウエルカム。朝一で、向こうから寄ってきて「大丈夫なの、ベガルタ?」って、用もないのに笑顔で訊いてくるからね。ベガルタン的には、4月の時点で「今期の目標は16位、入れ替え戦で残留」という心情に変わりなく、その意味で「まあまあなんじゃね?」と考えております。とにかく、死んでも、16位は死守してください。

2019年8月23日金曜日

頑張りどころですな

大変ご無沙汰しております。

何気に残留争いが激熱気味になりだした今日この頃、皆様、如何お過ごしですか

何気に、残留できそうで、でも厳しいかもしれない・・という絶妙な位置をキープしている仙台ではありますが、ベガルタンは初志貫徹「前半の戦いぶりと結果を見るまでもなく、今年の目標は16位、そして入れ替え戦の勝利で残留」であります。そのような観点で見た場合、現状の順位と勝ち点はマズマズだな・・・・であります。

もちろん、現状でもメッチャ厳しいんだけど、考えてみてよ、4か月前は「降格チーム、まずは仙台が確定‼」って、どのチームサポも言ってたんだよ?そのように振り返れば、17位チームと「勝ち点差7で14位」は、不満はあるものの、しょうがないな・・・という感じですな。

ベガルタン的には、鹿島・セレッソ・磐田・東京・川崎の5連戦が「中盤の山場だな・・」と思っていました。いずれもコッテリ濃厚あぶらソバ、チャーシュートッピングで、麺硬め・・・くらい、胃がモタれそうな相手だったので、「最低でも勝ち点5、できれば7は欲しい・・・」と考えていました。そりゃあね、本音で言えば「勝ち点10は欲しいよ」となるんだけど、現状のチーム力と、対戦相手 (鹿島、東京、川崎は優勝を狙っているチーム) との力関係を鑑みれば、勝ち点5は及第点と考えます。

そう考えれば、湘南と鳥栖の2連戦は灼熱。勝てば、「おーーい、かぁーチャン、ビール、ビールを持ってきてくれ、ラガーじゃなく、プレミアムのほうな」ってなるけど、負けたら、いやいや、負けることを考えることすら邪道ですな。幸いにして、湘南は監督問題で調子がイマイチだし、鳥栖はトーレスの引退試合で燃え尽きてくれそうだし、吹いてる、吹いてます、神風と言うフォローの風が。実際は、そんな簡単なことなんて無いのは分かっているんだけど、無理やり思う、そして信ずることでのみ、前進出来るんじゃないでしょうか。

関口の離脱は痛いところですが、ここにきて戦術のウイングが広がっていることはなにより。ビックリしたよ、川崎戦の試合開始早々「あれ?今日って3バックなのか?」と気づいたとき。元々、3バックでボコられたので、キャンプから練習し研鑽してきた「3バック」を一時封印したはず。それを、川崎相手にリバイバルするとは、ぶっちゃけ「大丈夫なのか、守備は・・・」って思うでしょ、普通。いやね、相手が相手だけに、誰だって「今日は守るつもりなんだな・・・5バック、カモーンなんだな・・」とも、思うよね。

川崎のゴールはビューティフル、それに引き換え仙台のゴールは、何とかかんとか・・・。でもね、それでいいんだよ。巷では、「相手のセンターバックが・・・・」みたいな話があるようだけど、ちょっとでも隙が有るようだったら、弱者としたら「そこを突くしかないやろ・・・」は実感。チームの頑張りも、そして何より、長沢のゴールは見事でしたな。

暑かった夏も、今は昔の風情。湘南戦、勝ちたいですな

土曜日はベルマーレ戦、ビート・湘南!!

2019年6月24日月曜日

東京戦

ふぅー、何とか勝ちましたな。メンバーを見れば、どう考えても東京の方が強そう。しかし、そんなにピンチらしいピンチってあったっけ・・・、的な展開。もちろん、危ない場面はあったんだけど、大事なのは「その回数」。首位相手とは言え、この日の「その回数」は極めて少なめ。そうですなぁ~、これで相手が川崎や横浜だったら、この2、3倍も「その回数」があったであろうことは確実です。

前半はジリジリする展開。しかしながら、「まあっ、相手は首位なんだし、ジリジリ押されるのはしょうがないって言えば、しょうがないか・・・」と無理やり納得させることで平常心をキープ。正直、前半に関して言えば「チャンスって、あったっけ・・・」という感じでしたが、それと同じくらい「そう言えば、ピンチらしいピンチって、あったっけ・・・」との思いも。

後半になると、多少はオープンな展開に。じゃないと、仙台が13本もシュートを打つことなど不可能です。その中で気になったことと言えば、「吉尾と蜂が目立ってないと言うか、消えているような気も・・・」ということ。べつにね、ダメダメだ!と言う訳じゃないんだけど、やっぱ、ソコソコ活躍するようになると、相手チームもキッチ対策は取ってくるんですな。個人的な感じとして、二人に対しては「もっとガンガン行ったれやぁーーー!!!!」という考えなんだけど、ほら、今の仙台は守備も大事だから、何らかの局面では重心が「チョイ後ろ目」となってしまうことには、ベガルタン自身も「我慢」が必要なようです。

関口のゴールはスーパー。もっとも、滅茶苦茶凄いシュートじゃないかもしれないんだけど、シュートを打つまでのディフェンダーとの1~2秒の駆け引きが、個人的には絶品チーズバーガークラス。あの局面、どう考えうても、とりえる選択肢は3つだけ。
1パス
2ドリブル
3シュート
その全ての選択肢を、取り得るフェイクをかましながらの「スドォォーーン」は最高でしたな。ベガルタンは、全てのスポーツに共通するであろう「絶妙な間」が三度の飯よりも大好きです。卓球やバドミントンで言うと「サーブする際の駆け引き」、相撲で言うところの立ち合い、バスケだとフェイクを入れるまでの「間」、バレーだとサーブをレシーブしてセッターへ入るまでの「間」などが、叶姉妹の巨乳よりも大好きだから嫌になります。昨日の関口のゴールは素晴らしいものでしたが、そこに至るまでの「1秒、有るか無いかの微妙な駆け引き」は最高でしたな。

ハモンのゴールは、お・も・て・な・しあふれる蜂の優しいパスから。自分でも打てたであろうシュートを選択せず、ハモンへ優しいラストパス。そして、それに応えたハモン。実家で飼っている犬が見ていたら、間違いなく「おしっこ・ジャー」でしょうな。

大苦戦すると思っていたわりには、意外な展開で勝利したことに驚くベガルタン。だって、普通は苦戦すると思うじゃない。勝ったことで自信を得たことは何より。これで水曜日、名古屋に勝ち、そんでもって日曜日に札幌に勝つことが出来れば、「自信が確信に変わる予感」も。変わりたいですな。

水曜日はグランパス戦、ビート・名古屋!!