2017年4月28日金曜日

ベガルタン、ゴルディアスの結び目を考える


日曜日に迫った清水戦ですが、前回のカップ戦同様の試合内容とは違うはずです。アウエーだし、清水もトップチームだし、ソコソコ失点もするだろうし、ついでに言うと先制もされるだろうし・・。こっちの体制が万全なら、如何に日本平でも無様な戦いはしないんだろうけど、残念ながら仙台は「ピカピカの3バック1年生」。今必要なのは間違いなく「熟成にかかる時間を得る」ことは明白ですな。

理由は明白、試合ごとに改善点が明らかになるから。試合後のコメントでも「ボールを奪いに行くか、引いて守るかの・・」とか「意思統一がされてないから、どうしてもギャップが・・・」みたいに、キャンプからやり始めてきている新システムへのモデルチェンジ熟成がイマイチ。

監督は「3バックは堅守を復活させたいから・・」と語っていましたが、その堅守を復活するために採用した戦術で、こんなにも失点が増えるとは・・・簡単じゃないことは分かっていたけど、守備的なアプローチを主眼にしていたチームから、守りでも攻めでも攻撃を主眼にしたチームへの移行って大変なんですな。

何度も言ってきたように、このような時はジタバタせず、時間軸とロードマップを明確にしながら継続的にアプローチするしかありません。堅守を復活させつつ、ボールを保持して攻撃的なチームへと移行・・・この難題を解決するのには基本的に近道など無いのですから。

しかし、矛盾のようですが近道を探し出すことが不可能ではありません。それがゴルディアスの結び目でしょう。つまり、今までやってきた事を一刀両断に凌駕するようなインパクトが、チームの中から湧き上がった時に、時間が必要だと思われていた事象が解決するかもしれません。

この場合の新たなインパクトとは、例えば匠や推橋や茂木などの若手が大ブレークするとか、リャンや野沢などが再覚醒するとか、中野や平山が復活してゴールを量産するとか・・とにかく、それらの信じられないような大ブレークがけん引役となれば、3バックの進化熟成といった難攻不落のゴルディアスの結び目でさえ、簡単に解決するかもしれませんな。

しかし、現状でそれを期待するのは無理筋。ということは、時間が掛かるという事です。今のところ、3バック作戦は強豪には全く歯が立たないものの、中位以下であろチームにはソコソコ通用しています。その上での清水戦ですから、如何にアウエーでも負けてはなりません。本来なら「勝たねばなりません」と書き込みたいところだけど、そこまでの自信はなく、だからこその「負けちゃダメ」ということです。

何気に今年の残留レースは接戦の匂いがプンプン。こんな時は「アウエーなんだから勝ち点1でも・・・」という、チョットした余裕を持った考え方もあり。いっそのこと「清水戦は3バックの守備の実戦練習だ・・・」というやり方もあり。つまり、勝ちにいくのではなく「相手を0に抑える」を主眼にし、焦れて前掛になってきたら、その時は匠⇒クリスの新ホットラインのカウンターでズドン!!でもいいような気も。

とにかく、今の仙台で「守備も攻撃もの、二正面作戦」は厳しめ。きっとね、どっちか一方しかできないんだよ。それが攻撃でもいいし(この場合は34点の打ち合いになり)、守備でもいいし(この場合は互いに枠内シュート0本と言う可能性もあり)、ハッキリした戦いが肝要だと考えます。ガンガン攻めて、相手をエリア内に押し込む・・・これが理想ですが、現状では無理。だとしたら、日本平特有の戦い方もありなんじゃあ・・・。これがベガルタンの率直な気持ちです。

明日はエスパルス戦、ビート・清水!!

2017年4月27日木曜日

清水戦


例えカップ戦とはいえ、勝つっていいですな。互いにメンバーを大幅に入れ替えた場合、時に強烈な「グダグダ感」を受ける場合がありますが、相手の清水がイマイチ、いや、イマニ、いやいや、イマサンぐらいだったので、過度にストレスを抱えての観戦とはなりませんでした。西村・推橋・茂木に途中から出た匠に小島らは、間違いなくチームの未来。昨日は、その未来のページ1を軽く見させてもらった感じですかな。

いい感じで攻めている場面もあり、「あとは先制ゴールだけだよな・・・」と思っていた時にカウンターからの失点!!思わず隣で観戦していた初老の紳士と顔が合っちゃって、「ありますなぁ~」「ありますよね・・」的な会話。この辺のバランスがイマイチなのはトップチームと同様ですが、多少バランスを崩しても攻撃態勢に入ったら軸足を前に置くチーム戦術、嫌いじゃありません。

今のチームは攻撃態勢が増したとき、つまりイケイケ状態になった時はワクワク感が増します、滅多にならないけど。現状は失点が多く、結果も最良ではありませんが、全ては変革の為の成長痛と考えることで我慢できます。大切なのは、この変革が正しい道なのか否か?ですが、こればっかりは神様だってノーアンサー。

やってみなければ分からない・・・がサッカーの魅力とはいえ、大量失点が続いて、結果が出ないと心が折れるのはしょうがありません。精神力だって「力」なので当然有限、限りがあります。皆さんが何時まで持つかは分かりませんが、ベガルタンは7月まで持たす自信があり。しかし、このままリーグ戦で大量失点が続けば、そして結果が出なければ、監督もチームも、そこまではもたないはず。だからこそ、結果が欲しいと考えています。

監督は試合後に「確かに、1点を先に失いました。それは自陣でのミスからです。ただし、あれを恐れて、じゃあ次からボールを受けません、前にボールを蹴りこみます、ということをやるのは、我々のサッカーではないです。それでも勇気を持ってボールを受けると。相手を食いつかせてその背中を取っていく」とコメントしています。つまり、当面は現状の戦術を継続することを宣言しました。

ベガルタンも現状ではチーム戦術を支持。何故なら、この戦術がある程度浸透して結果を出すことが出来た時に、以前からやっている堅守速攻が上手くハイブリッドできれば、それこそ「最強ベガルタ」の登場も夢ではないと思っているからです。堅守速攻が悪い訳じゃないし、変革も悪い事じゃありません。大事なのは、的確な目標設定と、そこに至る為のロードマップを公にし、チーム・フロント・スポンサー、そしてサポーターと時間軸を共有しながら前に進むことだと思っています。

監督は2年連続で「トップ5」を公約とし、そのための戦術として3バックに挑んでいます。彼が言うところの「勇気を持ってボールを受けとり、相手を食いつかせてその背中を取っていき、相手陣でパスを繋ぎながら攻撃する・・・その先に、目標がある・・・」の成否は、選手だけが握っているのではなく、我々サポーターの覚悟も必要条件の中に入っているとベガルタンは信じています。

三田のゴールはナイス。どう考えても、今のチームの中心は三田でしょうな。56年前ならリャンでしたが、その地位は三田にとって代わりつつあります。寂しいかもしれませんが、大事なのは過去ではなく未来なのでしょうがありません。

推橋のゴールも良かったですが、彼に関してはベガルタンが持っている情報は少なく、正直、どんな選手なのかすら分かりません。ただ、若かろうがベテランだろうが、この世界でチャンスをもらった時に結果を出すことが、如何に大変な事かは知っているつもりです。

何気にクリスと匠は良い感じの関係ですな。どちらかと言えば、スペースがある時に力を発揮するクリスと、そのスペースを上手く活用することが出来る匠。匠の出場時間が増え、クリスや石原たちとのコンビネーションが磨かれれば、ベガルタの攻撃オプションは飛躍的に増えると信じています。その為に、匠は得た出場機会で結果を出し続けなければなりません。出して欲しいですな。

2017年4月25日火曜日

明日は清水戦ですな


昨日、初めて立ち食いステーキの店に行きました。「仕事が、ひと段落したら飯をゴチ」と後輩たちと約束していたので、しょうがなく・・・。一昔前なら「そんな約束、売り言葉に買い言葉だろうが!!」と言った感じなのでしょうが、今の若手には「そんな感覚」を理解することは無く、何かと言うと「コンプライアンスに反します・・・」的な対応。嫌な世の中になったものですな。

そんな中でのベガルタ談話

後輩「リーダー、カップ戦は若手主体かもしれません」
自分「その情報はどこから?」
別の後輩「ベガモで、それらしき事が・・」
自分「若手や出番の少ない奴が出るのは普通だ」
後輩「マジで推橋とか出るんですかね?」
自分「知らん、それよりも早く食べて居酒屋で座りたいんだが・・」

カップ戦で、出番の少ない選手や若手が出ることは極めてノーマル。しかし、ホームだし、出来れば決勝ラウンドには進みたいし・・・だったら、ある程度の主力を出すことも・・・的な考えも極めて普通。入場料収入が年々減少している仙台にとって、現ナマの入場料が得られる決勝トーナメント進出はヨダレもの。その相手が浦和とかガンバとかだったりしたら、黙っていても1万オーバーは確実。決勝トーナメントへ、フロントは行って欲しいんでしょうな、俺もだけど。

決勝トーナメントへ行きたいのは現場も同じ。現在のスタメンはカップ戦での結果によって変動が有ったので、今度出る選手だって、その意味でモチベーションはアゲアゲ。例えば野沢が複数ゴールするとか、若手がキレキレのプレーで結果を出せば、それはリーグ戦でスタメンへの片道切符を得たのも同然。なので、出番の少ない選手たちを応援する、こっちにも気合が入るというものです。

それでは、相手の清水はどんな感じなのか?が問題です。こっちが若手主体なのに、あっちがバリバリではキツイ展開となるからね。いちよう、ネットなどからの情報では向こうもメンバーの変更は結構ありそう。だとしたら、ホームで戦える仙台が若干有利とも考えられます。だって清水とだったら、そんなに滅茶苦茶な戦力差やスキル差は無いでしょ?それでいて、ホームだから不利だよな・・・という考えをするのは不合理のはず。だって、こっちにはサポーターの応援っていう武器があるんだからね。

では、仙台としたら「カップ戦の対清水、どうやって戦うか?」が問題となります。トップチームだって不安定な3バック、そこに若い選手や出番の少ない選手を起用するともなれば、きゅうりのキューちゃんで言えば「不安感、20%増量中!!」的になるのは確実。もっとも、清水の選手も駄目駄目で「あれ?意外と大丈夫かも・・」となる可能性は否定しませんが。

ともあれ、堅守仙台・・・なんてワードは過去の話。普通に考えたら「34失点はするんだろうから、勝つために複数ゴールはマスト」となる事を否定する人は居ないはず。もうね、オペレーションネームは「肉を切らせて骨を断つ!!」でいいから、ノーガードの打ち合い作戦でOKです。どうせ、失点するんだからね。

明日はエスパルス戦、ビート・清水!!