2017年7月9日日曜日

ベガルタン、覚悟を決める


えー、久々です。別に連敗だから書き込まなかったのではなく、書く内容が同じになりそうだから「どうせなら、まとめて書いちゃえ・・・」的な思いがあったからです。ただし、これ以上負けが込めば、今年初めて総統閣下が、お出ましになるのは確実です。

連敗はしょうがないにしても、内容が似通っている事、これをどう考えるかによって今年のベガルタを応援する姿勢は変わってきます。何となく先制され、あれれ・・・と思ったら追加点を奪われ、これじゃヤバイ!!と思って攻めたら奇麗な崩しからゴールを奪い、ヨッシャー!!ここからワッショイ!ワッショイ!だぁーーと思った矢先に失点し、結果的に敗戦。とどのつまり、現在患っている「先制失点献上症候群」を、どう考えるかですな。

監督は常々「シュートで終わらせることが出来れば、カウンターを受けるリスクはかなり小さくなるので、そこを目指してやっていきたい・・」と語っています。つまり、ベガルタが目指す富士山の頂は、ここ、「攻撃は最大の防御」ということでしょう。

しかしながら、富士山への登頂はスタートしたばかり。現在で言うと、そうですなぁ~富士スバルラインに入ったばかりで渋滞に巻き込まれてしまい、吉田口五合目の駐車場に到着できず・・・という感じでしょうか。基本的に目標設定も、現在の戦術も、そしてゴールを奪う際の崩しに関しても、それらトータルで「今期のチーム(監督の戦術)」を理解するサポは多数派の様子。ただ一つ、問題点をあげるとするのなら「勝てない事」、のみでしょうな。

時間は有限なので、鍋監督に対して無尽蔵に「チームの未来」を託すことはできせん。鍋監督は何だかんだで4年目の体制、チームの歴史を20年とするのなら、その歳月は決して短すぎることは無く、そろそろ結果を出さねば叩かれる年ごろでしょう。

ただし、結果が出ないから4バックに戻せ!!とか、堅守速攻に帰れ!!的な主張は考えもの。そうなった場合、新戦術や戦略は6月までに結果を残さねばならなくなりますからな。無尽蔵の時間はやれないけど、かといって、3バックへのトライ初年度で、すぐ結果を求められても・・・は実感。この辺の塩梅って、かなり微妙ですな。

現在の戦術は、チームとして個々の選手の考えがシンクロし、同じベクトルとビジョンが共有できた時に、いままでなかった連携からの攻撃、そしてゴールの瞬間を我々サポーターに与えてくれます。これが又気持ちいいのよ。しかし、チョットしたシンクロのズレは即ピンチに繋がってしまい、結果的に多大なリスクをも我々サポーターに供給してしまいます。

現在のように毎試合先制され、そんでもって34失点が普通の状態は極めて歪(いびつ)です。しかしながら、鍋監督はドン引きに戻ることは無く、攻撃と守備とのバランスを改善しつつ、シュートで終えられるような状況をノーマル化することにより、現状のチームをモデルチェンジしようとしています。さらに言えば「ドン引きに戻ることは無い・・」とまで信念として語っており、あくまでも現状の戦術を極めることにより、不振から脱却しようとしていますな。

チームが強くなる為の方程式などは無く、結果的に、どのチームも「オリジナルな道」を模索しながら歩むしかありません。浦和には浦和の道、ガンバにはガンバの道、鳥栖には鳥栖の道、そして仙台には仙台の道があるはずです。3バックが「本当に仙台の道なのか?」なんて誰にも分かりませんが、少なくても監督は「そう考えている」と思って間違いなし。なので肝心なことは「正しいかどうか?」ではなく、信じられるかどうかでしょうな。

監督の信念は分かりました。じゃあ選手たちはプレーしてて楽しいのでしょうか?サポーターは応援していて楽しいのでしょうか?そして結果は出るのでしょうか?出るとしたら、いつ出るのでしょうか?それらの不安が、選手たちのプレーにも、サポーターの応援にも出ちゃうから、なおさら不安になるんだよね。

今やっているサッカーは間違いない・・・仮に選手たちがそう思っていても、連敗が続けばメンタルが持ちません、不安だから。しかしながら、例えば「仮に降格しようが、今年はこれで行く!!」との思いが、監督、フロント、スポンサー、選手、そしてサポーター間でシンクロ出来るのであれば、不安が無くなるので、それはそれでokだし、結果としてメンタルが向上して良い結果が出るかもしれません。

つまり、チームとしてもサポーターとしても、この中断期にするべきことは「信念をもって覚悟を決める」という事ではないでしょうか?皆さんには覚悟が有りますか?ベガルタンは覚悟を決めました。もうね、何失点しようが、行けるとこまで行ったれ!!!!という感じです。

ベガルタン、覚悟を決める


えー、久々です。別に連敗だから書き込まなかったのではなく、書く内容が同じになりそうだから「どうせなら、まとめて書いちゃえ・・・」的な思いがあったからです。ただし、これ以上負けが込めば、今年初めて総統閣下が、お出ましになるのは確実です。

連敗はしょうがないにしても、内容が似通っている事、これをどう考えるかによって今年のベガルタを応援する姿勢は変わってきます。何となく先制され、あれれ・・・と思ったら追加点を奪われ、これじゃヤバイ!!と思って攻めたら奇麗な崩しからゴールを奪い、ヨッシャー!!ここからワッショイ!ワッショイ!だぁーーと思った矢先に失点し、結果的に敗戦。とどのつまり、現在患っている「先制失点献上症候群」を、どう考えるかですな。

監督は常々「シュートで終わらせることが出来れば、カウンターを受けるリスクはかなり小さくなるので、そこを目指してやっていきたい・・」と語っています。つまり、ベガルタが目指す富士山の頂は、ここ、「攻撃は最大の防御」ということでしょう。

しかしながら、富士山への登頂はスタートしたばかり。現在で言うと、そうですなぁ~富士スバルラインに入ったばかりで渋滞に巻き込まれてしまい、吉田口五合目の駐車場に到着できず・・・という感じでしょうか。基本的に目標設定も、現在の戦術も、そしてゴールを奪う際の崩しに関しても、それらトータルで「今期のチーム(監督の戦術)」を理解するサポは多数派の様子。ただ一つ、問題点をあげるとするのなら「勝てない事」、のみでしょうな。

時間は有限なので、鍋監督に対して無尽蔵に「チームの未来」を託すことはできせん。鍋監督は何だかんだで4年目の体制、チームの歴史を20年とするのなら、その歳月は決して短すぎることは無く、そろそろ結果を出さねば叩かれる年ごろ。

ただし、結果が出ないから4バックに戻せ!!とか、堅守速攻に帰れ!!的な主張は考えもの。そうなった場合、新戦術や戦略は6月までに結果を残さねばならなくなりますからな。無尽蔵の時間はやれないけど、かといって、3バックへのトライ初年度で、すぐ結果を求められても・・・は実感。この辺の塩梅って、かなり微妙ですな。

現在の戦術は、チームとして個々の選手の考えがシンクロし、同じベクトルとビジョンが共有できた時に、いままでなかった連携からの攻撃、そしてゴールの瞬間を我々サポーターに与えてくれます。これが又気持ちいいのよ。しかし、チョットしたシンクロのズレは即ピンチに繋がってしまい、結果的に多大なリスクをも我々サポーターに供給してしまいます。

現在のように毎試合先制され、そんでもって34失点が普通の状態は極めて歪(いびつ)です。しかしながら、鍋監督はドン引きに戻ることは無く、攻撃と守備とのバランスを改善しつつ、シュートで終えられるような状況をノーマル化することにより、現状のチームをモデルチェンジしようとしています。さらに言えば「ドン引きに戻ることは無い・・」とまで信念として語っており、あくまでも現状の戦術を極めることにより、不振から脱却しようとしていますな。

チームが強くなる為の方程式などは無く、結果的に、どのチームも「オリジナルな道」を模索しながら歩むしかありません。浦和には浦和の道、ガンバにはガンバの道、鳥栖には鳥栖の道、そして仙台には仙台の道があるはずです。3バックが「本当に仙台の道なのか?」なんて誰にも分かりませんが、少なくても監督は「そう考えている」と思って間違いなし。なので肝心なことは「正しいかどうか?」ではなく、信じられるかどうかでしょうな。

監督の信念は分かりました。じゃあ選手たちはプレーしてて楽しいのでしょうか?サポーターは応援していて楽しいのでしょうか?そして結果は出るのでしょうか?出るとしたら、いつ出るのでしょうか?それらの不安が、選手たちのプレーにも、サポーターの応援にも出ちゃうから、なおさら不安になるんだよね。

今やっているサッカーは間違いない・・・仮に選手たちがそう思っていても、連敗が続けばメンタルが持ちません、不安だから。しかしながら、例えば「仮に降格しようが、今年はこれで行く!!」との思いが、監督、フロント、スポンサー、選手、そしてサポーター間でシンクロ出来るのであれば、不安が無くなるので、それはそれでokだし、結果としてメンタルが向上して良い結果が出るかもしれません。

つまり、チームとしてもサポーターとしても、この中断期にするべきことは「信念をもって覚悟を決める」という事ではないでしょうか?皆さんには覚悟が有りますか?ベガルタンは覚悟を決めました。もうね、何失点しようが、行けるとこまで行ったれ!!!!という感じです。

2017年6月30日金曜日

ガンバ戦は結果が欲しいですな


株主総会の時期が過ぎると「ふぅ~、ようやくアウエーへ参戦したり、ゴルフも出来るよ・・」は実感。相手のガンバは、とりたてて絶好調じゃないようだけど、それでも「ソコソコ上位をキープ」しているのはチーム力の賜物でしょうな。頭角を現した若手が居ても、彼らが海外への移籍を希望すればノープロブレムで後押し。普通だったら、宇佐美とかが居なくなれば絶対に厳しくなるのに、何の問題も無かったように「その穴を埋める若手や中堅選手が出てくるチーム力」って凄いですな。

ガンバと言うと「個のスキル」でガンガン攻めてくる・・・的なイメージは「今は昔」。もっとも、個のスキルが落ちて訳ではなく、そこを維持しつつ守備も組織的に頑張りましょう・・・みたいな感じになってきているから余計に厄介。ゴールも奪うけど、守備だってまんざらじゃないよ・・的なチーム、いわゆる「隙が少ないチーム」になりつつあるようですなガンバは。

他チームの補強には羨ましい・・が率直なところ。優勝を狙うため、上位進出のため、来季を見据えて、そして残留争いを勝ち切る為、その狙いは様々ですが、いずれも「ない袖は振れぬ・・・他チームは有るんだな金が・・」が正直なところ。神戸のようにポドルスキーを獲得しつつも、「えっ?ハーフナーも売りに出てるの?じゃあ買っちゃえ!!」というバブリーチックなチームって、心の底からいいですな。

昨年赤字だった仙台にとって、今季の黒字は「ある意味トップ5よりもマスト」のはず。だからといって補強しないというスタンスではなく、監督を含む現場の考えをベガルタン的に忖度すれば「実績がある選手、ダイヤの原石のような選手、チームに良い化学変化を起こしうる選手、そういった選手なら歓迎だけど、中途半端な選手なら無理に獲得しなくてもいいよ・・」といった感じでしょうか。

リャンや菅井などがスタメンじゃなくなっても驚かなくなった昨今、チームはゆっくりと、しかしながら確実にモデルチェンジを敢行しています。2012年、タイトルを争っていた最終盤のスタメンは・・・
GK 16 林 卓人
DF 25 菅井 直樹
DF 2 鎌田 次郎
DF 3 渡辺 広大
DF 27 朴 柱成
MF 17 富田 晋伍
MF 6 角田 誠
MF 15 太田 吉彰
MF 10 梁 勇基
FW 24 赤嶺 真吾
FW 18 ウイルソン

これを明日予想されているスタメンと比較すれば、5年という歳月をかけ、どれだけチームが変貌しているのかが分かります。2012年の2位をピークとすれば、その後の4年は低空飛行。そこで何らかのアクションの必要性を感じた2017年、監督や現場は「新スタイルの構築」に着手したのです。今現在は「生みの苦しみ」といったところ。大事なのは「この苦しみに耐えられるか・・」であるのは明白。しかし、それと同じくらい「この苦しみの先には未来が有るのか?」という漠然とした不安の解消でしょうな。

極論すれば、その不安解消の処方箋は「結果」以外にはありえません。結果のみが自信を生み、結果のみが未来に光を感じられます。それが分かっているからこそ、不安なサポーターは「内容に対して過度に寛容(ボールは握れていた、ゲームは支配していた、あらたなオプションは見れた・・等々の内容依存肯定派)では降格してしまうかもしれない・・プロである以上、結果だ」と声を荒げるのです。

ベガルタが成長曲線を辿るとしても、決して「その道」は一本ではないはずです。テグのように、極限まで堅守速攻をオーガナイズする道もあれば、鍋監督のようにシステムなどの戦術を変更する道もあるでしょうし、思い切って育成専門のチームへと改革し、選手の売買によってキャッシュフローを得ながら成長する道もあるでしょう。
 
道は一つじゃありませんが、今現在は鍋監督の信ずる道を我々は後から付いていくしかないのが現実。だからこそ、結果と言うフォローの風が欲しいのです。ガンバ戦は、トライする姿勢は継続しつつ、結果が欲しいところですな。

 

週末はガンバ戦、ビート・大阪!!