2018年6月5日火曜日

湘南戦


えー、湘南戦ですが見てません。ベガサポなら、ああいった試合は年に数回は確実にあるので、その対処方法はご存じのはず。その最たる御三家こそ「忘れる、無視する、無かったことにする・・」でしょうな。

湘南戦を「見どころがまるで無かったクソ試合」と言うつもりはありませんが、すくなくても「ハイライトシーンさえ見るに堪えない試合・・・」であったことは事実です。何故そうなったのか?鍋監督は試合後・・・

「少しブレイクを挟んで、すごくいいトレーニングができていました。けが人が戻ってきて、エネルギーに満ち溢れていて、実際にそれをこのゲームにぶつけられたかというとそうではなくて、それは何だったのかというものはしっかり、私の中で整理しなければいけないと思っています。フィジカル的に問題があったのか、戦術的に問題があったのか、そういったところをしっかり私自身しっかりと整理したい」と語っています。

結局さー、分からないんだよね。チームも生き物だから、その時々のコンディション(フィジカル、メンタル)が違ってくるのはしょうがありません。これが川崎とかに0-3で完敗だったら「まー実力でしょうな・・・」で済むんだけど、湘南相手にそこまで実力差があるとは思えず、だからこそ悩むのでしょう。

似たような事例で、競馬でも大本命馬が負けた時に使われるワードが「目に見えない疲れ、メンタルの疲弊」というものがあります。我々が馬券を買うとき「過去の戦績、現在の調子、パドックでの見栄え、解説者や競馬新聞での見解」などを参考にしますが、負けた理由でレース後に「目に見えない疲れがあったのかも・・・」と言われたら、寅さんじゃなくても「それを言っちゃあぁ、お終いよ・・・」となるのは確実です。

そうである以上、考えられる理由はただ一つ、メンタル。湘南の選手の頑張り(ホームだからなおのこと)は認めるとしても、おそらく仙台の選手のメンタルは「ワールドカップの初戦に挑む選手たちのそれ」ではなく、おそらくは「油断とは違う、なんて言うか、ふわぁ~とした意気込み」にも似た意欲。この試合に臨んだ仙台の選手のメンタルは、こんな感じだったと推測してます。

それにしても、3点目は余計でした。多少はアウエーゴールをゲットすべく頑張ったのが要因だとしても、誰かは「しょうがない・・・0-2で我慢してホームでがんばろう・・」というメンタルでチームを統率してほしかった。あんな試合内容で「絶対にアウエーゴールを・・」という意欲は決して建設的ではなく、「攻めるけど、これ以上は失点しない方向で・・・」で戦ってほしかったですな。

しかし、0-3という結果は受け入れなければなりません。2ndはユアスタでやるにしても、圧倒的に不利。でもね、こういう時こそ「ひょっとしたら、やってくれるんじゃあ・・・」って思うんだよね。別に確信なみに強いものじゃなく、それこそ「なんとなく・・・」的な感じで。週末は、何となくでいいから勝って欲しいものです。

その前に、明日はザスパ戦、ビート・草津!!

2018年5月23日水曜日

鹿島戦


えー久しぶりです。普通だったら忙しい時期じゃないんだけど、なぜか今年は忙しさマックス。そんでもって、リーグ戦も過密日程マックスが重なって、とんでもない忙しさでした。それがようやく終わりになり、ベガルタンも安心してパソコンの前というわけです。

何試合もあったけど、まずはカップ戦の対横浜。とりあえずはフルに近い感じでターンオーバーだったんだけど、そのスタメンが・・・

シュミット
常田
菅井
板倉
リャン
富田
茂木
永戸

金久保
ジャーメ。確かに、ターンオーバー感がビンビン物語なんだけど、何気に横浜もターンオーバーだったので「これはこれで何とか戦えそう・・・」な印象。

印象だけだと曖昧だから、3年前のカップ戦、対清水のスタメンと比較。

(3年前の実力)
鎌田
渡部
二見
杉浦
キム・ミンテ
武井
藤村(3年前の実力)
山本
金園。

おぉーーーこうしてみると、今の方がメッチャ強そう!!何気に二見、杉浦、キムのラインが不安だったのに対し、富田、永戸、岳のトライアングルは屈強そのもの・・・とまでは言わないけど、ドラクエでいえば「旅人の服⇒クサビカタビラ」くらいの防御力アップだし、攻撃力で言えば「ヒノキの棒⇒銅の剣」くらいのはワンナップ。こうしてみると、3年前のチームって、失礼ながら「メッチャ弱そう・・・」でしたな。

茂木の3点は嬉しかったけど、大切なのはこれから。関口が加わり、金久保が復帰し、蜂や永戸や中野らが居るサイドハーフは超激戦区。そこで生き残るための方策は一つしかなく、それは結果を出し続けること・・・。西村が確実に地位を築いている今だからこそ、彼にも頑張って欲しいと心から願っています。

東京戦は見てないので、鹿島戦を少々。

前半の出来は素晴しいの一言。特に左サイドは、ほぼ制圧したといっても過言ない出来。関口の頑張りは見事だったけど、彼の最高を知っているベガルタンからすれば「褒めるのは、まだまだ先だな・・・」的な感じ。ピーク時には、今以上の攻撃力プラス、野津田並の体力で守備にも頑張っていける奴なので、その意味では90分戦えるようになり、そんでもって結果を残し続けた時こそ「どれどれ、レプユニでも買うとするかな・・・」という気になるはずです。

鹿島は仙台以上にタイトな日程とか。しかしながら、それでも今までなら勝つことは困難を極めたはず。それでいて、あんな前半のような試合内容が出来るとするなら、何気にチーム力のベクトルは正しい方向へ向かっているような気もします。こんな感覚で中断するのはもったいないような気もしますが、この力が本物であれば後半戦も大丈夫のはず。そうなってほしいですな。

2018年5月8日火曜日

湘南戦


湘南戦は、なんとか勝てて何よりです。押されまくった後半は冷や冷やしっぱなし、そして気づくと「脇汗ジャー」で嫌な感じ。前半を天国とすれば後半は地獄。もちろん、前半にだってピンチはあったし、石原のPK外しもあったんだけど、押されっぱなしだった後半の内容を鑑みれば「前半は天国とまでは言えなくても極楽だったよ・・」と思うのは自然でしょうな。

先制ゴールはエクセレント。チームとしては、あんな感じで攻めたいんだろうけど、何が良かったかと言えばゴールで完結したこと。内容が良くても、ゴールが決まらなかったり負けたりが続けば、その目指す魅力が半減なのは最近の試合で勉強済み。山頂へのトライが困難であればあるほど、その道程での試練は半端ないのは覚悟の上なんだけど、やっぱ勝てないと萎えるよね、いろんな意味で。

先週久々に飲んだ勢いで風俗へ行ったら、まったく役に立たず、姪っ子と同じ年の風俗嬢から「おじさん、疲れてるんじゃない?仕事、大変なんでしょうね・・・」って励まされちゃったよ、人間、歳は取りたくないですな。

 関口の評価は時期早々。試合後の監督のコメントを抜粋すると・・

「絶対にセキ(関口)が輝くのは左サイドだと私は分かっていたので、思い切って今日のスタメンで使う、というものがありました。彼とは話をしていて、「お前、何分やれるんだ」と。もう少し彼を引っ張れたかもしれません。でも、それをなぜ引っ張りたかったかというと、彼の持っているキャラクター、あれだけチームを鼓舞する姿勢だとか声だとか、そういうものは今のチームに必要なものだと私は感じていたので、できれば長い時間ピッチに置いておきたかった」とのこと。

 中断期前までは、どこのチームも総力戦。怪我人が多い仙台にとって、彼の獲得は間違いなくポジティブなはず。永戸や蜂の成長は嬉しいものの、関口の台頭や金久保の復帰によって「いつでも試合に出れる感」など微塵もなくなりました。これが大きいよね。正当な競争の下で、試合に出るために切磋琢磨。そこで選ばれたものが試合に出て、サポーターからの声援を背中に受ける。この循環が出来そうになってきたことが、何気に嬉しいベガルタンです。

明日も試合ですか。頑張るしかありませんな。

明日はマリノス戦、ビート・横浜!!