2018年5月8日火曜日

湘南戦


湘南戦は、なんとか勝てて何よりです。押されまくった後半は冷や冷やしっぱなし、そして気づくと「脇汗ジャー」で嫌な感じ。前半を天国とすれば後半は地獄。もちろん、前半にだってピンチはあったし、石原のPK外しもあったんだけど、押されっぱなしだった後半の内容を鑑みれば「前半は天国とまでは言えなくても極楽だったよ・・」と思うのは自然でしょうな。

先制ゴールはエクセレント。チームとしては、あんな感じで攻めたいんだろうけど、何が良かったかと言えばゴールで完結したこと。内容が良くても、ゴールが決まらなかったり負けたりが続けば、その目指す魅力が半減なのは最近の試合で勉強済み。山頂へのトライが困難であればあるほど、その道程での試練は半端ないのは覚悟の上なんだけど、やっぱ勝てないと萎えるよね、いろんな意味で。

先週久々に飲んだ勢いで風俗へ行ったら、まったく役に立たず、姪っ子と同じ年の風俗嬢から「おじさん、疲れてるんじゃない?仕事、大変なんでしょうね・・・」って励まされちゃったよ、人間、歳は取りたくないですな。

 関口の評価は時期早々。試合後の監督のコメントを抜粋すると・・

「絶対にセキ(関口)が輝くのは左サイドだと私は分かっていたので、思い切って今日のスタメンで使う、というものがありました。彼とは話をしていて、「お前、何分やれるんだ」と。もう少し彼を引っ張れたかもしれません。でも、それをなぜ引っ張りたかったかというと、彼の持っているキャラクター、あれだけチームを鼓舞する姿勢だとか声だとか、そういうものは今のチームに必要なものだと私は感じていたので、できれば長い時間ピッチに置いておきたかった」とのこと。

 中断期前までは、どこのチームも総力戦。怪我人が多い仙台にとって、彼の獲得は間違いなくポジティブなはず。永戸や蜂の成長は嬉しいものの、関口の台頭や金久保の復帰によって「いつでも試合に出れる感」など微塵もなくなりました。これが大きいよね。正当な競争の下で、試合に出るために切磋琢磨。そこで選ばれたものが試合に出て、サポーターからの声援を背中に受ける。この循環が出来そうになってきたことが、何気に嬉しいベガルタンです。

明日も試合ですか。頑張るしかありませんな。

明日はマリノス戦、ビート・横浜!!

2018年5月4日金曜日

ようやくGWです


ようやく、ようやく個人的にGWへ突入しました。ちょっと書き込まない間の戦績を確認すると・・・

対磐田、0-3で惨敗
対セレッソ、12だったけど完敗
対札幌、2-2、冷や汗のドロー
対ガンバ、0-1で負けるも納得いかず

見事です、見事な下降曲線です。磐田戦に関しては「まるっきりのダメダメ試合」でしたが、「どうして?」の問いには、統計学的に答えることができます。その答えとは「ベガルタは、年間数試合、必ず訳が分からない、一見いると無気力とも感じられる試合し、そして完敗する特色がある」というものです。特色、つまり、仕様。

製品を買うと説明書があって商品の使い方を含めた仕様があるでしょ?ベガルタ仙台というチームにも仕様書があれば、間違いなく最後のページにはこう記載されているはずです。

「ご購入ありがとうございました。なお、当商品は時に無気力とも思えるような動きをし、その結果としてお客様を憤らせる可能性がありますが、決して不良品ではなく、あくまでも商品の特性ですので、末永くのご愛顧をお願い申し上げます」と。磐田戦は、仙台にとって仕様のような敗戦。つまり、深く考えてもしょうがない・・・と思っています。

セレッソ戦に関しては、実力差もありながら、完全にハメられましたな。多少なりともボールを持たせ、重心が前目になったところを引っ掛け、その勢いでボールを運び、バイタルでスペースがあれば、あとは個人的なスキルで仕留める・・・。お見事です。まあね、この敗戦は個人的にはNOショックですな。

問題はここ、ここです。先制されたものの追いつき、数的有利も重なれば、当然のように脳みそは脳内麻薬の重点完了、試合後に歌うオーラの準備でワッショイ!ワッショイ!のはず。そんな時に限って、バイタルでのマッタリディフェンスから、エグイミドルを喰らって撃沈。普通勝つと思うよね、選手もサポも。

ロスタイムのゴールで負けは免れたものの、嬉しいというより「ほっとした・・・」が実感。何度かあったチャンスを一度でも物に出来てれば・・・とは思うんだけど、それは相手も同じでしょうな。「負けなかったから・・・・」というところに価値を出だす考えは嫌いじゃないけど、数的有利でホームユアスタという状況を鑑みれば、大岩のゴールのみでは決してポジティブにはなれません。

そんでもってガンバ戦。まずは、鍋監督のコメントを引用すると・・・

「我々の攻撃として見せたいもの、チャンスの数、守備の部分では修正というものは共有できたと思います。ただし、結果が出ていないので、それでオーケーかというと全然オーケーではないので、「ではどうするの」という話を選手ともしていました。今やっているサッカーを変えるつもりは全然ないし、このサッカーで私は勝てると思っているし、それでも勝てないのはなぜかというところを、もう一回見つめ直さないと何も変わらない」とのこと。

ベガルタン的にも「結果は出てなくてもまだ5月、とりあえず中断期前までは継続してトライしてほしい・・」とは思っています。でもね、ここからがパラドックスで「継続⇒結果出ず⇒でも継続⇒なかなか結果です⇒それでも継続」を看過できる期間っていうのが人によって違うと言う事。目標を達成するための手段が、時に勝ち点ゲットの妨げになってしまう・・・。ここで皆、悩むんだよね。To be or not to be・・・現在トライしている戦術を継続するべきか、比較的勝ち点を得やすい守備的な戦術に戻すか、それが問題だ・・とね。

「鍋監督でトライしてほしい⇒でも結果が出ない⇒仕方がないので重心が後ろへ⇒何とか残留」という展開はみんな嫌。「でも、しょうがないじゃないか!」という妥協派にとって最大の後ろ盾は、仙台が貧乏チームと言う事実。しかし、それをエクスキューズにする事をベガルタンは嫌います。貧乏さんチームでも勝ちたいがために、現在の戦術にしたはず。やむを得なかったとしても、その道を選択した以上、困難な状況は想定内でしょう。

攻撃的なチームで主導権を握り、相手を圧倒して勝つことにベクトルを絞るのであれば、「決定力が・・・」というワードを、いずれ克服しなければ永遠に目標を達成することなど不可能です。それには、仙台の選手がワンランクも2ランクもスキルがアップし、戦術理解度の深化も今以上に強固とならなければなりません。現状は、そのための踊り場だから我慢だよな・・・。ガンバ戦を見ながら、ベガルタンはこんなことを考えていました。

日曜日はベルマーレ戦、ビート・湘南!!

2018年4月19日木曜日

新潟戦


相変わらず忙しいので、川崎戦と新潟戦の雑感をチョットだけ。

川崎戦については「ぶっちゃけ、勝てたような気もするけど、川崎相手に負けなかっただけでも良しとするべきなのかな・・・」という感じ。こう書き込むこと自体に「昨年からの成長」を感じざるを得ないが、成長って見るものでもあるけど、感じるものでもあるんだよね。

ポゼッション率は仙台の45%。これを少ないとみるかどうかは見解の相違にすぎず、ベガサポからすれば「けっこう戦えてるかも・・」が実感。昨年チンチンにやられた「強いよな~、川崎は・・」感は減少し、どちらかと言えば「調子悪いんだな、川崎は・・・」的な印象が強かった気も。

 仙台が成長したのか?それとも川崎の調子が悪かったのか?の判断は後々わかるとして、大事なことは「川崎相手に負けなかった事」でしょうな。どのような戦い方をしようとも、どのようなチャレンジをしようとも、結果が出なければ継続は難しく、結果が出ているからこそチャレンジができる。今年は、チャレンジをし続けたいですな。

 新潟戦については、「みんな頑張ったよ・・・」といったところ。若手が頑張ったことと、関口のコンディションアップの一助になった・・・こと以外に見るべきものは無かったようですが、無駄じゃなかった事だけは事実。とにかく、メンバー表を見た瞬間の衝撃は初体験。ユース選手の名前を知らないベガルタンからすれば、「こいつら、誰なんだ・・・?」が本音。きっと、ユース年代から応援しているサポからすれば、オシッコ・ジャーだったはずですな。

 結果は残念ですが、仙台からすれば、この試合はある意味パンドラの箱。パンドラの箱には「希望」が残っていましたが、ベガルタのパンドラの箱には「未来」が残っていました。パンドラの箱を開けてしまい、全ての禍が解き放たれた後、そのふたを閉めようとした時に「ふたを開けてください、私は希望です」との一説は有名ですが、この負け試合の扉の中には、我々の大切な「未来」が残されていた・・・・数年後、こう思えれば最高ですな。

 土曜日はジュビロ戦、ビート・磐田!!