2017年12月5日火曜日

甲府戦

ご無沙汰であります。この時期は夜のお付き合いがマックスとなり、ベガルタの状況を振り返る暇すらありませんが、なんとかウコンの力を借りてpcの前に座ることが出来ました。

さて、甲府戦ですが、ダメダメな結果だった・・・という評価が一般的なんでしょう。しかしながら、ベガルタン的な評価は「凄かったよ、甲府選手とサポの気迫は・・・あの状況で勝ち切るのは正直シンドイ。しょうがないかな・・・」という感じです。

おそらくは、甲府サポだって清水の途中結果は知っていたでしょう。しかし、目の前の試合を懸命に応援する姿勢には感服しましたな。そして、その声援を力に変えて、これまた死力を尽くして戦う甲府の選手たちに、勝利の女神も根負けしちゃいました。あのラストのゴールは、「来年も頑張りなさい・・・」という神様からのプレゼント。それを生かすかどうかは、チームやサポの心意気でしょうな。

本当に強いチームなら、あの程度の状況でさえ勝ち切る力はあるはず。しかし、最後の最後で失点を喰らうところが現状の力。巷では「今のメンバーで、来年スタートすれば・・」という期待もあるようですが、それだと今年と同じくらいの成績がやっとのはず。普通に考えれば、凄い賞金を得た上位チームの戦力はさらに厚くなり、そのチームに割って入ろうとする仙台よりも資金が潤沢なチームは、それ以上の補強を考えるはずだからね。仙台も、どこかで突き抜けた選手が出てきたり、優勝争いするようなチームになっていかないと、凋落していくことは確実です。

チームは鍋監督を継続し、将来を託しました。しかし、現実は毎年のように12~15位。このような監督に託していいのか?とは思いますが、フロントや現場レベルでは余程手ごたえがあったのでしょう、終盤戦の戦いに。

確かに、同じ順位でも戦い方や、攻撃する姿勢などでは全く別のチームと言っていいほど変わりました。上位チームに対しても、時には内容やポゼッションでも圧倒するシーンが見られるなんて、ひと昔では考えられないことです。ただし、プロである以上、結果には有限の責任が生じます。「トップ5」という目標が空手形でも、「俺、何の違和感もないよ・・」という心が大きな人はいいんだけど、ベガルタンは違和感がビンビン物語。もう決まったことだから来年も応援するけど、達成しなくてもよい目標など、公言する必要はありませんから。

来年のチーム編成が心配な人もいるでしょうが、来年の事は来年心配しましょうや・・・がベガルタンのスタイル。毎年の別れは厳しいものがありますが、その悲しみに先にこそ出会いがあるというもの。その楽しみを抱きつつ、来年を待ちましょうかな。



2017年11月22日水曜日

大宮戦


大宮戦、勝てて何よりでした。何となく試合を見ていたら「仙台のワンサイド」っぽい感じでしたが、仙台が強い可能性は激低なので、とすると「大宮が弱かった・・もしくは、監督チェンジがこの試合に限っては上手く作用しなかった・・・」のどちらかでしょうな。

大宮がこの試合に勝てなかった場合、降格へのカウントダウンは必定。なので、選手や大宮サポは死ぬ気で向かってくるだろうから、こっちもそれなりの覚悟が必要だろうなぁ~と思っていたんだけど、試合が始まったら「あれ?なに?この歯ごたえの無さは・・・」的な感じ。もちろんピンチはあったんだけど、いずれも単発気味で「そんなに怖さはない系」でしたな。

大宮は選手層的にも、財務的にも見下されるチームではないはずなんだけど、そこは降格という名の「アリ地獄」に飲み込まれそうなチーム。おそらくは、一度でもその渦に飲み込まれそうになっちゃうと、ジタバタすればするほど中心部へと落ちてしまい、なかなか抜け出せないのでしょう。パスも繋がらないし、これがしたい!!という戦術も見えてはきませんでしたが、何よりも驚いたのは「戦う気持ち」が丸っきり見えてこなかったことです。どう見ても、仙台の方が気持ちは入っていました、球際でも戦えていたし。

ユアスタからの帰り道、失意の底に落ち込む大宮サポの真横で、「三田のゴールは最高だったよな」と笑顔を爆発させる若いベガサポカップル。そのコントラストを見れば「明日は我が身だよ・・・」との想いを禁じ得ませんが、地獄へ落ちるチームの悲哀は間違いなく未来へのビタミン。この屈辱を知っているサポからすれば、無駄な経験など何一つないんだから、この体験を生かすも殺すも自分自身の心持一つのはずです。

仙台はと言えば、怪我人も中々帰ってこない状況だけど、だからこそ試合に出れてるメンバーもいるはずで、その意味ではモチベーションは高め、ホームだし。菅井も頑張ってくれましたな。監督曰く「菅井が非常に素晴らしい働きをしてくれました・・中略・・非常に素晴らしいゲームの締め方をしてくれたので、今日の勝点3は菅井の力によるところも非常に大きいのかなと思います」とのこと。素人的には「そこまでの・・・」という評価なんだけど、プロが見ると違うんでしょうな。

とりあえず、17年シーズンのメンバーで戦えるのは、あと2試合。楽しみますかな。

2017年11月14日火曜日

監督続投について


えーご無沙汰です。なんか今年って、試合間隔が妙に空くことが多いような気もしますが、きっと、毎年こんな感じなんでしょうな。仙台はと言えば、今年も何とか残留は確保。この現実と「トップ5という目標」の乖離を、鍋監督続投に絡めて雑感を少々。

まず、ベガルタンの基本的な姿勢は「ある程度の時間を与え、それで結果を出せなければ潔く退任してもらう・・・」これが一番、公平で公正だと思っています。そこで出た結果に対しては、一切の「言い訳」を許さず、時に非情な判断が必要となっても、それはそれで受け入れるしかない・・・というスタンスです。

そこで鍋監督の続投ですが、ん~しょうがないのかな・・・というのが本音。いつも出てくる「トップ5の目標は何処へ行ったんだ?」vs「若手の成長とチームの新陳代謝の促進が出来たじゃないか」をメインの議題に添えつつ、ベガルタン的な考えをそこにプラスしていくことにします。

まず、数年に亘って結果にコミットする姿勢がないのであれば「目標を設定する必要は無し」であることは明白です。プロである以上、結果に対して「怪我人が・・」とか「若手を・・・」とかのエクスキューズには、何の説得力もありません。この点、鍋監督の口からは、このようなワードを聞いたことはないので、その点においては評価しています。しかし、結果というか、目標を達成してない点を「どう評価するか?」が、今度は問題になってきますな。

こんなことを言うと「結果は出なかったものの若手が育ってきたし、カップ戦でもセミファイナルに行ったし、財政規模的にもマズマズなんじゃ・・・」みたいな意見が闊歩するんだけど、そのような意見は生死をかけて戦っているプロの世間では何の意味もなく、我々が求めているのは「結果と育成」のハイブリッド的なミッションを達成できる監督であり、どちらか一方が・・で満足する訳にはいかないのです。

かと言って、今のチームに「継続」以外のカードがあるかどうかは微妙。現在、スタメンで出ている選手で鍋監督が直接獲得してない選手は殆どおらず、レンタル選手も含めれば「オール鍋派」的な状態。当然、鍋監督は予算内で獲得できる選手の中で「自分がやろうとしているサッカーにマッチした選手」に声をかけているだろうし、選手だって「監督に請われ、試合に出れる、必要とされているのなら・・」という決断の下で仙台に来ているから、鍋監督が退団しちゃうと、それはそれで困った状況になっちゃいますな。

いずれにしても、どこかのタイミングで結論(交代&続投)は出さねばなりません。そしてチームは継続を選びました。「ほかに選択肢が無かったのでは?」という考えもあるようですが、「選択肢は少なかった」とは思うけど、無いとは思いません。純粋に「この道を継続し、進もう・・」という証左でしょうな。

この道が正しいか否か?なんて誰にも分かりませんが、正しくないと困るのがサポーターという生き物の性。ただし、このまま年月が経てば「仙台がj1に留まること」自体を目的とするチームになっちゃいます。これはこれで困るよね。あくまでも、現在の目標はタイトルを獲得するための一里塚なんだから、そこをクリアーできずに、あと数年経っちゃうと「良かったよな、今年も残留出来て・・・」的な、残留が目標のチームになる可能性は否定できず、そんな事には猛烈な違和感がアリアリ。

目標は5年でタイトル・・・だったはずです。そこが出来ないからって、ブレちゃダメ。仙台の目標は「あくまでもタイトル」であり、決して「若手の育成をしつつ残留」ではありません。えぇ、難しいミッションと言う事は、監督もサポも分かっていますし、分かっていて監督も続投することを望んだはず。そこには、一切のエクスキューズは許されないはず・・・。鍋監督の続投を知った時、ベガルタンはこんなことを考えていました。