2017年8月2日水曜日

柏戦


いやぁ~負けなくて良かったですな。どちらも調子がイマイチとは言え、力量的には柏が上。そんでもってスタメンに西村、匠、推橋などの若手が列挙してくる現状で柏戦を振り返れば「ナイス!!引き分け!!!(^^)!」という感じでしょうか。

柏の戦い方は神戸戦のカーボンコピー。前線からプレッシングをかけ、最終ラインは限りなく高く、狭いエリアの中で駆け引きを仕掛ける。ボールを奪えば3バックの空いたスペースにクリスを走らせる・・・、シンプルと言えばシンプルですが、これが厄介。互いに極限までラインを高く保ちたいがゆえに、場面によってはセンターラインを挟んで10mくらいのエリアで大密集!!中々壮観でしたな。

なんでも、この試合のメインテーマは、今までトライしてきた「理想を追求しようということで、攻撃にどんどんフォーカスをして・・・」ではなく、「トランジション(切り替え)のところで、どういうときにカウンターを受けないのかといったところを徹底的に整理をして、それによって多少攻撃の人数が減るようなシーン当然あるけど割り切る・・」といった感じで、守備の体制づくりがメーンだったようです。

その甲斐あってか何とか前半は0で終了。これまでは普通に複数失点してきた事を鑑みれば「なんだよ、やればできるのかよ・・・」という感じですが、何気に監督もチームもプレッシャーがあったことは想像に難くありません。ここから連チャンで負け続ければ、監督が描く「チームの理想」を追い求めるどころか、罵詈雑言を浴びせられての解任すらあり得る状況では、「とりあえず最少失点」に抑えつつの勝ち点ゲットに重心が行くのは自然でしょう。

監督やチームが追い求める理想は高く、そして向かう到達点は遠く険しい霧ケ峰。そこに至るうえで、監督とチームは割り切ってメンバーをシャッフルし、リャンや奥埜の出番は激減、菅井や野沢に至ってはベンチにすら入れず、明らかに「チームを作り直してますよ・・」という匂いがプンプン。いつかはリャンや菅井が出れなくなるとは思っていましたが、今年とは・・・、インド人もびっくりです。

大岩曰く「守備に関しては、これが最低限のベースだ」と語っていましたが、とうことは「今までは、最低限のベースさえ無視して攻撃的に行ってたのか・・・」の証左。多少バランスを崩そうが、カウンターを受けようが、シュートで終われば問題ない!!的な考えを主軸に置いてきましたが、ベースが無かったのでは、そりぁあ、トトトーンと複数失点するわけですな。

守ろうとすれば守れるけど、それはやらない・・・が監督の考えでした。しかし、勝ち点の為には割り切ることも必要・・・が監督の出した結論。そしてチームは攻撃の枚数が減ることになっても、それを甘受して守備から重心を大きく移すことは無くなり、結果として最低失点でフィニッシュ。追いついた後半のシュート数は「たったの3本」でしたが、負け続けた試合に比べれば半分以下に激減しており、見ていてもショッパイ試合でした。しかし、その代償として「勝ち点は得る」事が出来、じゃあどっちがいいの?と問われれば「ん~、現時点では後者」のような気がするような、しないような・・・の感じです。

鹿島戦だって、守ろうと思えば守れるはず。しかし、そこだけにフォーカスしては「何のための今までのトライなのか・・・?」の疑問もアリアリ。せめて、降格の心配が無いのであれば、もっとトライは出来るんだけど、現状では厳しめ。なので、鹿島戦でも「守っちゃいますか・・・」的な展開となる予感。悔しいけど、チームも監督も降格は嫌なようですな。